Episodit

  • 歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    古代中国の王朝・周の末期から秦が再び中国を統一するまでの春秋戦国時代。

    前後200ほどの国が生まれては滅び、約550年にわたって血で血を洗うような戦争を続けた後、

    最終的には戦国七雄という7カ国に中華は収斂していきます。

    その中から抜きん出て戦国最強となり覇業を達成したのが秦であり、

    過去千年以上の歴史の中で初めて「皇帝」を名乗り大陸を統一、

    当時の人類のおける最高到達点にまで登りつめた男が始皇帝・嬴政です。

    しかし、晩年の彼は不老不死を追い求めるようになり、

    さらに宦官の専横で国政が腐敗、始皇帝の秦はわずか15年で倒れます。

    ぜひご視聴下さい。/

    ■ポイント■/

    ・始皇帝が不老不死を求めたのは、自分がなくては国が滅んでしまうという未来への凄まじい不安に囚われていたのかもしれない

    ・秦に攻め滅ぼされ、わけがわからないまま物凄く厳しい法律を敷かれてしまった他国民の不平不満というリアルもある

    ・秦の残したハードとソフトの遺産を上手く継承した漢帝国は、その後400年も続く史上空前の大帝国に発展した/

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介/

    株式会社コテン 楊睿之/

    株式会社BOOK  樋口聖典/

    収録@いいかねPalette/

    http://palette.jp.net//

    ☆YouTubeチャンネル登録はこちら (収録動画公開中) ☆/

    https://www.youtube.com/channel/UCr5zQB5J5DJqZfar_WyWFAw/

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。/

    ※内容は諸説あります。

  • 歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    古代中国の王朝・周の末期から秦が再び中国を統一するまでの春秋戦国時代。

    前後200ほどの国が生まれては滅び、約550年にわたって血で血を洗うような戦争を続けた後、最終的には戦国七雄という7カ国に中華は収斂していきます。

    その中から抜きん出て戦国最後となり覇業を達成したのが秦です。

    秦が中華統一した陰には、漫画を遥かに超えるスケールの漢たちによる、生き様のバトン渡しがありました。

    ぜひご視聴下さい。/

    ■ポイント■

    ・一番最初に秦を強国にのしあげた人物が百里奚(ひゃくりけい)という遅咲きの宰相/

    ・世界史の中でも武力が神クラスの白起(はくき)将軍も登場する/

    ・斉と秦が二大強国同士で睨み合っていた頃、小国・燕に楽毅(がくき)という武力レベルがシステムバグ並みの将軍が出現し、斉をほぼ滅亡寸前まで追い詰める。これが秦が一強となる遠因となった。/

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介/

    株式会社コテン 楊睿之/

    株式会社BOOK  樋口聖典/

    収録@いいかねPalette

    http://palette.jp.net/

    /☆番組のYouTubeチャンネル登録はこちら(収録動画公開中)☆

    https://www.youtube.com/channel/UCr5zQB5J5DJqZfar_WyWFAw

    /※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • Puuttuva jakso?

    Paina tästä ja päivitä feedi.

  • 歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです!私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?/古代中国の王朝・周の末期から秦が再び中国を統一するまでの春秋戦国時代。前後200ほどの国が生まれては滅び、約550年にわたって血で血を洗うような戦争を続けた後、最終的には戦国七雄という7カ国に中華は収斂していきます。その中から抜きん出て戦国最後となり覇業を達成したのが秦です。なぜ秦は勝利者となったのか?本当に始皇帝が優れた君主だったからなのか?ぜひご視聴下さい。/■ポイント■/・秦が強国となった最大の理由は「ルールベースの機能的な組織設計・統治の元祖」でもある法家思想を取り入れ、フルに活用できたため/・始皇帝の100年ほど前の商鞅が秦の国家システムを根底から革新したキーマン/・当時ではキワモノの革新思想であった法家思想を秦が最も導入できのは、ベンチャー国家ゆえ貴族などの既得権益層が他国ほど成熟していないという背景があった/【出演】株式会社コテン 深井龍之介/株式会社コテン 楊睿之/株式会社BOOK  樋口聖典/収録@いいかねPalette http://palette.jp.net//☆YouTubeチャンネル登録はこちら(収録動画公開中)☆https://www.youtube.com/channel/UCr5zQB5J5DJqZfar_WyWFAw/番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!/※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。/※内容は諸説あります。

  • 歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオ【番外編】です! 人が社会に与える影響と価値は、その人が生きている間の行為によってのみ評価されるべきか? できない人間は、価値がないのか? 能力のない人間は、何もなし得ないのか? 人間の価値の出方について議論してみました。 ぜひご覧下さい。/ ■ポイント■ ・歴史上、行為よりも存在によって後世に巨大な影響を与えている現象が物凄く多い/ ・リベラルアーツによって短期的な評価軸だけでなく長期的な評価軸を持つ/ ・価値判断行動から距離を置いたフラットなマインドを意識する/  【出演】株式会社コテン 深井龍之介/株式会社コテン 楊睿之/株式会社BOOK  樋口聖典/収録@いいかねPalette/

    http://palette.jp.net/☆YouTubeチャンネル登録はこちら☆ https://www.youtube.com/channel/UCr5zQB5J5DJqZfar_WyWFAw/ 番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

  • 歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオ【番外編】です!

    就職・転職・キャリアデザイン。「仕事」は人生の大半を占める重要な要素、誰もが一度や二度頭を悩ませた人生の命題です。

    人が幸せになるにはやりたい仕事を追求すべきか?

    それともできる仕事に妥協すべきか?

    キャリア選択で大事にした方がいい観点ついて議論してみました。

    ぜひご覧下さい。/

    ■ポイント■

    ・自分が最もエネルギーをリリースできる仕事内容と人間関係は何かを把握する/

    ・仕事の中で辛いことに遭遇した時、自分はどういう気持ちの出方をするのかを自覚する/

    ・一時的に収入を下げてでも「投資的」な仕事に挑戦し、ステップアップの土台を継続的に形成していく/

    ☆YouTubeチャンネル登録はこちら☆
    https://www.youtube.com/channel/UCr5zQB5J5DJqZfar_WyWFAw/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

  • 【#20 キングダムSP 秦の始皇帝 ―「キングダム」を10倍楽しむ為の予備知識― COTEN RADIO】 歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです! 私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!? 今回は、私たちも欠かさず読んでいるあの大人気漫画『キングダム』の映画公開にあわせて、映画をより深く、ちょっぴりマニアックに楽しんで頂くための「始皇帝シリーズ」を配信します! 作品の主人公の一人である秦王「嬴政」。 後に中華大陸初の皇帝となる彼と、彼にバトンを渡してきた先人たちが生きた春秋・戦国時代とはどんな時代だったのか? なぜ秦が勝ち残ったのか?その秘密に迫ります。 ぜひご視聴下さい。/ ■ポイント ・春秋戦国時代とは、人類史上でもトップクラスに入る天才、変態、化け物たちが知力と武力の総当たり戦を繰り広げていた500年間/ ・大陸を起源とする東洋思想の8割方はこの時代で生まれた。以後の学問、思想、ハウツーの殆どはこれらの焼き直しと言ってもよい/ ・始皇帝の「中華統一」は今日のヨーロッパを統一するような難しさ。これを成し得たのは「法家思想」という「仕組みづくり」の戦略を最も上手に運用できたから/ ☆Youtubeチャンネルで収録動画を公開中☆ https://www.youtube.com/channel/UCr5zQB5J5DJqZfar_WyWFAw/ 番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!/ ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。 ※内容は諸説あります。

  • 【#19 現代の天皇 ―象徴って何?― COTEN RADIO】 

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです! 

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!? 

    「結局、天皇ってなんだっけ?」

    いよいよ今回で最終回です。 

    日本人の天皇への意識も、天皇の日本社会での有り様も昔と大きく変わり、 特に敗戦をきっかけに天皇の「象徴」のとしての側面が一層フォーカスされるようになりました。 

    私たちは実感の範囲内で「象徴」としての天皇についてどれほど理解を及せるのでしょうか? 

    日本の歴史を引き受けてきた天皇に対し純粋な敬意と好奇心を寄せつつも、 天皇と矢沢永吉やデビッドボウイとの共通点(!?)など、不敬罪に問われかねない弾けた議論でシリーズの〆とさせて頂きます。 

    ぜひお聴きください。 /

    ■ポイント■ 
    ・幕末から明治の日本は自国を従来とは完全に異なる近代国民国家に速やかに再構築する必要に迫られていた。その時に天皇は国家統合の象徴となった/

     ・象徴は「そこにいるだけでうわっ!ってなる雰囲気」をまとい、「一見して何も意味はなさそうだけれども、それでなかったら違和感が半端ない」ものかもしれない/

     ・今の天皇陛下も皇太子殿下も、象徴天皇の在り方についておそらくご自身でずっと模索されている。/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • 【#18 天皇と日本史 ―神さまの子孫ってどういうこと?― COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    今回は引き続き「結局、天皇ってなんだっけ?」第3回目です。

    私たちが歴史の教科書で学んだ天皇と将軍。

    一体、それぞれは何がどう違って、どういう関係なのか?

    結局、どっちが偉いのか!?

    天皇と将軍、朝廷と幕府、そして武士と公家。

    これらを抜きにして日本史を語るのは難しい。

    天皇の持つ力の変遷について語っていきます。

    ぜひお聴きください。

    ■ポイント■
    ・日本では武士が長きにわたって権力を握っていたが、その武士の源流である源氏と平氏たちも元を辿れば天皇の血筋。

    ・日本は権力と権威がそれぞれ将軍と天皇に分かれているという特殊な支配構造だった。

    ・将軍と天皇はそれぞれ「偉さ」の領域が違う。

    【出演】
    株式会社コテン 深井龍之介
    株式会社コテン 楊睿之
    株式会社BOOK  樋口聖典

    収録@いいかねPalette
    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • 【#17 天皇っていつ生まれたの? ―神さまの子孫ってどういうこと?― COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    引き続き「結局、天皇ってなんだっけ?」第2回目です。

    天皇は最初から存在していたわけではありません。

    日本の風土が沈澱するに伴い、形となって立ち現れた存在と言えます。

    天皇の成り立ちから神話、日本的リーダー観、果ては日本人にとっての秩序と法の在り方まで、縦横に語っています。

    ぜひお聴きください。

    ■ポイント■

    ・天皇が強い政治的な権力を発揮していた時代はむしろ短い。

    ・天皇は祭祀王であり、天照大御神の子孫と言われている。

    ・曖昧さが文化の日本では神と人の境界は常にふわっとしている。神でも人でもどっちでもええんちゃうん?というふわっとした感覚が日本人の根底に流れている。

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    株式会社BOOK  樋口聖典

    収録@いいかねPalette

    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • 【番外編 #3】老いても最前線で戦う秦国の宰相・百里奚から学ぶ ―COTEN RADIO

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    大人気漫画『キングダム』の舞台にもなっている戦国時代の「秦」。

    中国の英語名「CHINA」の語源にもなっている秦が、中華史上初の統一帝国にまでのし上がれたのは、もちろん強かったからなのですが、ではなぜ秦は強かったのか?

    そこには一人の宰相の存在がいました。

    名は「百里奚(ひゃくりけい)」、秦の強国へのターニングポイントとなった最初の男です。

    ぜひご覧下さい。

    ■ポイント

    ・百里奚は秦の西側にいる異民族勢力を恭順させ、秦の版図が一気に拡大した最初のきっかけをつくった

    ・百里奚は40代で仕官、60代でやっと大臣になった。かと思えばまた奴隷に落とされるという、普通の人なら人生を諦めてもおかしくない展開に見舞われていた

    ・しかしどん底から更に再起を図り、秦の宰相にまで上り詰めた。まさに究極の大器晩成型

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • 【番外編 #2】 今の時代になぜリベラルアーツが大切なのか?―COTEN RADIO

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    最近よく耳にする「リベラルアーツ」。

    意識高い系ビジネス教養として扱われている節に対して、違和感を感じることもありません。

    学び方に善悪はなく、百人いれば百人のリベラルアーツの学び方はあると思いますが、私たちが目指したいと思える「リベラルアーツ」のあり方について語ってみました。

    ぜひご覧下さい。

    ■ポイント

    ・リベラルアーツとは今までの自分では持ち得無かった新しい世界理解のための「フレームワーク」

    ・既存の思考フレームワークにリベラルアーツを押し込んでも、それは単なる「雑学とハウツー」のであって「リベラルアーツ」ではない

    ・複雑多様化する社会において、複数の価値観の軸を持つことがそれぞれの人に合った「幸せ」の実現に繋がり、リベラルアーツはその機能を持っている

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • 【番外編 #1】古代のソーシャルベンチャー起業家「墨子」―COTEN RADIO

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    現存する中国由来のリベラルアーツのおよそ8割を生んだとされる諸子百家の時代は、戦争が数百年続いた天下大乱の時代でもありました。

    そのような時代に、戦国最強の守城術を持ち、非攻兼愛を説いた戦術家・思想家の墨子(墨翟)は、紛れもなく異色でありました。

    あまりに異色だったため、彼の思想は後の時代においても新たな解釈研究が加えられることもなく、生きた化石のようにそのままの形で現在にまで残っています。

    人と人が殺し合う圧倒的な現実にあって、愛というあまりにもかけ離れた理想を掲げながらも、

    ただ一人凄まじい情念をもって実行をなした墨子に、私たちはソーシャルベンチャー起業家の原型を見出すことができます。

    ぜひご覧下さい。

    ■ポイント

    ・ソーシャルベンチャーの最大の課題は「理想と現実のギャップの大きさ」の処理の仕方

    ・現実に挑むだけの実力を持った状態で理想を説くが、世の中どころか弟子すらもその理想を理解できなかった

    ・しかし墨子は弟子に理想の押し付けはせず、理解してくれない彼らを排除もしなかった。ただ行動の化身となって城を守り、死ぬまで理想を説い続けた。

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • 【#16  天皇ってなんだっけ? ―日本の皇室は世界一特殊― COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTENラジオ!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    さて、今回のテーマはずばり

    「結局、天皇ってなんだっけ?」

    です。

    なぜ日本は天皇を戴いているのか?

    なぜ天皇の話をするのが怖いのか?

    なぜ日本人は天皇の話になると感情的になりがちなのか?

    私たちは天皇のこと、皇室のことを知っているようで、よく知りません。

    日本は今年、天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位という皇室儀礼を経ることで、新しい元号を迎えます。

    節目の時だからこそ、今一度考えたい「天皇」。

    ぜひお聴きください。

    ■ポイント■

    ・昔は殆どの国に君主が存在していたが、17世紀前後から民衆に打倒されるようになり、第一次世界大戦を機に世界の王室は一気に消滅していくが、日本は未だに残っている。

    ・実在が証明された天皇だけでも、皇室の歴史は世界の王室の中でも最長を数え、君主を戴く国の中で人口が最も多い国が日本である。

    ・皇室が続いてきた理由として、日本列島での権力と権威の獲得・証明コストは、打倒よりも利用する方がリーズナブルだったという側面がある。

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    株式会社BOOK  樋口聖典

    収録@いいかねPalette

    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • 【#15 COTEN RADIO   人類のコミュニケーション史 ―電気に情報を載せた時―】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史ラジオです。

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    「人類のコミュニケーションの歴史」シリーズ、いよいよ最終回です。

    今回はコミュニケーションの最先端

    「マスメディアの誕生と電気通信」

    ぜひお楽しみください!

    【ポイント】

    ・ラジオによって広告業が発達、圧倒的な市場開拓により大量消費社会の一因となった

    ・情報の伝達スピードが人間の移動速度を超える

    ・情報伝達の速度と量が増えたことで、社会変化のスピードもアップした

    ※トーク途中に出てくる「腕木通信」が表示できた語彙数はおよそ「8000語」です。

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    株式会社BOOK  樋口聖典

    収録@いいかねPalette

    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。。

  • 歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史ラジオです。

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    「人類のコミュニケーションの歴史」シリーズ、続いて第3回目は「活版印刷」です!

    活版印刷は中国で生まれたのですが、ある理由であまり広がらず、

    逆にドイツのグーテンベルクらによって爆発的な広がりをみせていきます。

    それはなぜか?

    【ポイント】

    ・技術が広がるきっかけとなるのは「ニーズ」と「コスト」

    ・一対多のマスメディアの走りとなった活版印刷

    ・マスメディアによって「国家」という目に見えない概念が想像・共有され、新しい帰属の仕方を生み出した

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    株式会社BOOK  樋口聖典

    収録@いいかねPalette

    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • #13 人類のコミュニケーション史 ―文字、爆誕。―

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史ラジオです。

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    「人類のコミュニケーションの歴史」

    続いて第2回目「文字の登場」です。

    文字誕生以前、人間同士のコミュニケーションは基本音声でした。

    音声のみで捉えていた世界が、文字を使うようになって一変します。

    普段私たちが何気なく使っている文字が人類に与えた思考の革命とは?

    ぜひお楽しみください!

    【ポイント】

    ・文字は人類の思考回路を徹底的に変えた

    ・文字によって情報の「記録」と「分析」ができるようになった

    ・文字によって世界を「数字」で量的に把握・記述できるようになった

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    株式会社BOOK  樋口聖典

    収録@いいかねPalette

    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • 【#12 COTEN RADIO   人類のコミュニケーション史 ―インターネットの本当の凄さ―】

    今回から人類のコミュニケーションの歴史について語っていきます。

    コミュニケーションのテクノロジーの変遷とともに人間の思考も社会も変わってきたんだということをテーマにお話していきます。

    第1回目は「インターネットの登場」です!

    【ポイント】

    ・匿名性のある発言が史上初めて社会に影響を与えはじめた

    ➤ネット登場以前はすべての発言に「誰が言ったか?」「発言者の地位・社会的立場・経歴」が紐付かれていました。匿名性のある発言が社会に影響を与えるほど機能することは基本的ありませんでしたが、匿名性の発言が市民権を得たのがネット登場後の時代の特徴です。

    ・膨大な数の発信者が出現した

    ➤ネット登場以前では、情報が影響力を発揮するプロセスは、ある一人の偉大な発信者が多数の受信者に対して発信するというトップダウン型のコミュニケーションが殆どでした。しかしインターネットの登場により個人の発信者の数が一気に増え、民衆だけで大規模な世論形成が可能になるなど、社会の在り方が大きく変化していきます。

    コミュニケーションを軸に人類の歴史をざくざく斬って参ります!

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    株式会社BOOK  樋口聖典

    収録@いいかねPalette

    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • #11 草食系男子がスパルタ漢にお悩み相談するとしたら? COTEN RADIO

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史ラジオです。 

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!? 

    さて、いよいよスパルタシリーズ最終回!

     今回のテーマは、「時空のお便りコーナー!」です。 

    古代ギリシャ最強の脳筋国家・スパルタのムキムキマッチョマンな漢(オトコ)たちに、現代の草食系男子がもしお悩み相談するとしたら?

    果たしてどんな答えが返ってくるのか? 

    もとい、どんな過激なアドバイスをぶっこまれるのか!? 

    歴史に実在したリアルスーパーサイヤ人たちの笑っちゃう生態に迫ります! 

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之 

    株式会社BOOK  樋口聖典 

    収録@いいかねPalette 

    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

  • #10 アテネはどうすればスパルタに勝てたのか? COTEN RADIO

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史ラジオです。

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?

    今回のテーマは、「どうやったらアテネはスパルタに負けなかったのか?」についてです。

    国民全員ムキムキマッチョマン!古代ギリシャ最強の脳筋軍事国家「スパルタ」シリーズ!

    片や学術・経済都市として栄え、現代に伝わるリベラルアーツの殆どを生み出した超絶エリート国家・アテネ。

    性格が真逆の2つのポリス(国)が古代ギリシャの二大巨頭でした。

    今回のテーマは「アテネはどうすればスパルタに勝てたのか?」です。

    スパルタとアテネは協力してペルシャ帝国の侵攻を退け、ギリシャに平和をもたらしました。

    とは言え脳筋とエリート、元は水と油。

    やがて両国は反目しあい、ついにはギリシャを二分するペロポネソス戦争へ突入してしまう。

    民主政が成熟し、広大な貿易網を抑え、政治・経済・芸術・文化、全てにおいて最盛期を迎えたアテネ。

    今に残るパルテノン神殿といった壮大な建築群が建てられたのもこの頃で、総合力にかけては間違いなくギリシャ世界ナンバーワンでした。

    しかし、他国を圧する国力を身につけたはずの強国アテネは、なんと脳筋国家スパルタに負けてしまいます。

    その敗因とは?アテネがはまった「成熟国家の罠」とは?

    国家の興亡を、組織運営と絡めてお話しました。途中から話が大脱線します。

    歴史を知れば、今日の世の中の動きがよりクリアに理解できます。

    ■ポイント■

    ➤国家(組織)のシステムエラーを意図的に起こす仕組みを内部につくる

    ➤ベンチャー企業のスタートアップ期と仕組みづくり期に求められるマインドは違う

    ➤壮大な時間軸の中で、目の前の現象を様々な歴史的視点から観てみる

    【出演】

    株式会社コテン 深井龍之介

    株式会社コテン 楊睿之

    株式会社BOOK  樋口聖典

    収録@いいかねPalette

    http://palette.jp.net/

    番組へのご意見・ご感想はryunosuke@coten.co.jpまで。トークテーマも募集中です!

    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。