エピソード

  • 本エピソードは次のリンクから英語でもお聴きいただけます。

    https://anchor.fm/talksonpsychoanalysis

    今回ご発表の松木邦裕先生は、精神科医そして精神分析家として、長年ご活躍されてきました。JPS、日本精神分析協会の訓練分析家で、現在JPSの会長を務めておられます。これまで、日本精神分析学会会長、京都大学教授などを歴任されております。松木先生はIPAアジアパシフィックカンファレンスの大会の企画においても大変重要な役割を果たしてこられました。これまで多数の著作、論文を書いておられます。また日本においてBionやMeltzerなどの主要な分析家の著作を多数翻訳されるなど、日本における対象関係論の広がりに多大な貢献をされてきました。今回のお話しの中で、松木先生は患者の無意識を感知する方法として二つあることをお話しされます。ひとつは「差別なく注意を向ける聴き方」であり、もうひとつは「平等に漂う注意をそのまま保っておく聴き方」です。松木先生のこれまでの精神分析的思索の一端を聞くことのできる貴重なお話となっております。

    This podcast is produced  by International Psychoanalytical Association www.ipa.world .

    Virginia Ungar, President

    Sergio Nick, Vice President

    Henk Jan Dalewijk, Treasurer

    Romolo Petrini, Website Editorial Board Chair

    Gaetano Pellegrini, Podcast Team Responsible

    Japanese Podcast Team

    Dr. Soh Agatsuma, Coordinator

    Dr. Atsumi Minamisawa, Dr. Kouhei Harada, Collaborators

    Andy Cohen, Monica D’Alançon, Isabel Silveira, Johanna Velt, Collaborators

    Etude Op. 25 no. 4 in A minor - 'Paganini' comes from https://musopen.org

    日本語版Podcast Team

    統括:吾妻壮、協力:原田康平、南澤淳美

  • エピソードを見逃しましたか?

    フィードを更新するにはここをクリックしてください。